スバル エクシーガを買う!
エクシーガTOPモデルチェンジ推移>2012年7月3日-1

エクシーガ 値引き

 

エクシーガ カタログ
車名の由来
試乗レポート集
新車販売台数推移
モデルチェンジ推移
モデルチェンジ予想
最新目標値引き額
エクシーガ値引き交渉術
エクシーガ値引き交渉レポート
エクシーガのライバル車
エクシーガ中古車相場
新車値引き交渉術
エクシーガの維持費
エクシーガの燃費
エクシーガのパーツ紹介
下取り車の相場を調べる
エクシーガの保険料相場
エクシーガを売る
リンク集

 

 
■ スバル エクシーガ モデルチェンジ推移2012年7月3日-1

 

*以下スバルニュースリリースより

 

--------------------------

 

 

スバル エクシーガを改良
〜先進運転支援システム「EyeSight(ver.2)」を搭載〜

 


富士重工業は、スバル エクシーガに改良を施し、本日7月3日より発売します。

 

今回の改良では、スバルのミニバンであるエクシーガに、レガシィ、インプレッサで高い評価をいただいている先進運転支援システム「EyeSight(ver.2)」搭載グレードの展開による安全性能強化、新世代ボクサーエンジンと新リニアトロニック(CVT)搭載による運動性能と環境性能向上、走る愉しさと安心感をさらに高めるSI- シャシーの改良を施しました。さらに、グレード展開および価格設定の見直しも施すなど、エクシーガ全体の商品力を大幅に向上させました。なお、一部グレードについては、平成27年度燃費基準を達成しています。

 

また、この度の改良に伴い『ぶつからないミニバン?』をキャッチコピーに、EyeSight(ver.2)を搭載したエクシーガについて、新しい広告キャンペーンを7月4日より展開します。

 

富士重工業は、スバルのブランドステートメント“Confidence in Motion”において、“確かなクルマづくり”を貫きながら、お客様のライフスタイルや価値観と強いつながりを持つ商品の開発に注力し、「安心と愉しさ」を提供することにより、スバルファンの拡大を目指しています。

 

 

【エクシーガシリーズの主な改良内容】


■メカニズム
<エンジン&トランスミッション>


−2.5?水平対向4気筒DOHCエンジン

レガシィに搭載している2.5?新世代ボクサーエンジンをエクシーガにも搭載。日常の運転で最も使用されることが多い低中速回転域での力強いトルクにより、アクセルの踏み始めからのレスポンスに優れ、軽快な加速感を得られる、高い走行性能と優れた燃費性能をバランスさせたエンジンです。


−新リニアトロニック(CVT)*1

従来型のリニアトロニックと比べ、パーツやレイアウトを最適化することで、軽量・コンパクトで優れた燃費性能を実現しました。
CVT特有の滑らかな変速に加え、レスポンスの向上によって滑らかな変速を実現し、ドライバーの意思に忠実に反応する軽快な走りを可能としました。
*1:2.5i、2.5i EyeSight

 

−アイドリングストップ*2

信号待ちなどでの一時停止中に、エンジンを自動的にストップし、燃料の消費を抑制させることで、燃費性能をさらに高めるアイドリングストップを搭載しました。作動条件を緻密に制御することで、走りの気持ち良さと安心感を損なうことなく効率的な燃料消費を行ないます。
渋滞や信号待ちなどで、アイドリングストップ後、すぐに再発進したい場合でも、スターター等の改良により瞬時に始動を可能とすることで、ストレスのないドライビングを実現しています。
新世代ボクサーエンジン、新リニアトロニックと合わせることで、平成27年度燃費基準を達成しました。
*2:2.5i EyeSight

 

<シャシー>

フロントサスペンションのダンパーに新バルブを採用し、路面の微小な凹凸でも減衰力を発生させることで、車両の応答性を高めました。
リヤサスペンションのラテラルリンクにピロボールブッシュを採用し、路面の凹凸をしっかり吸収し、ドライバーの意思に忠実に反応するハンドリング性能と優れた直進安定性を実現しました。
電動パワーステアリングのアシスト制御の最適化を施し、ステアリングの応答性を高め、直進安定性を向上しました。


■安全
<EyeSight(ver.2)>

レガシィ、インプレッサで好評なEyeSight(ver.2)の搭載グレードをNA車、ターボ車共に設定しました*3。衝突回避性能に優れたプリクラッシュブレーキ、自然な車速制御を行なう全車速追従機能付クルーズコントロールなど、安全性の強化と運転負荷の軽減を図りました。
*3:2.5i EyeSight、2.0GT EyeSight

 

〜プリクラッシュブレーキ〜

衝突の手前で自動ブレーキを作動させ、衝突を回避あるいは衝突の被害を軽減します。対象物との速度差が30km/h以下の状況では、自動ブレーキによって衝突を回避。また、対象物との速度差が30km/hを超える状況では、自動ブレーキによって減速し衝突被害の軽減を図ります。


〜プリクラッシュブレーキアシスト〜

衝突の危険がある状況で、ドライバーのブレーキ操作をアシストし、より高い制動力を働かせることで、衝突事故による事故の回避、被害の軽減を図ります。


〜全車速追従機能付クルーズコントロール〜

車間距離を制御し、運転を支援する機能で、0km/h〜100km/hの幅広い車速域で先行車を追従走行します。また、先行車が停止した場合には、自車も停止します。


〜AT誤発進抑制制御〜

前方に障害物を検知している状態でのペダルの踏み間違いなどによる誤発進を抑制します。


〜警報&お知らせ機能〜

車間距離警報、車線逸脱警報、ふらつき警報などの予防安全機能も搭載しています。
※上記機能は、道路状況および天候状態、車両状態等によって、性能が発揮できないことがあります。

 

<セカンド3点式ELRシートベルト>

2列目シートの中央席部に、シートバック内蔵タイプの3点式ELRシートベルトを全車標準装備としました。


<ブレーキオーバーライド(ブレーキ操作優先制御)>*4

アクセルとブレーキが同時に踏まれた場合、エンジン出力を絞りブレーキを優先させることで安全性を高めました。
*4:2.5i、2.5i EyeSight

 

■デザイン
<エクステリア>

ボディ色に、新たに「ディープシーブルー・パール」「ダークグレー・メタリック」「ディープチェリー・パール」「ヴェネチアンレッド・パール」の4色を採用しました。
17インチアルミホイールに、伸びやかさと力強さを表現した5本スポークの新デザインを採用*5しました。
*5:2.5i、2.5i EyeSight、2.0GT EyeSight

 

<その他>

新デザインのドアミラーを採用。従来型に対して、ミラー面積を拡大し視認性を向上させました。
従来、メーカー装着オプションとして展開していた、クルーズコントロールとクリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー、撥水加工フロントドアガラス)を全車標準装備としました。


<電子カタログの配信>

今回のエクシーガのプロモーションの一環として、カタログやWEBサイトと併せて、iPad 向けiBooks 版電子カタログ、iPhone/iPod touch/Android 向けpdf 版電子カタログをリリースします。
電子カタログはこちらからご覧いただけます。

SUBARUオフィシャルwebサイト http://www.subaru.jp/
     ※iBooks 版電子書籍の閲覧には、iPad 互換iOS 4.2 以降が必要です。また、iPad以外の端末ではご覧いただけません。
     ※iPad、i Phone、iPod touch及びiBooks は米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。
     ※Androidは、Google Inc. の商標です。

 

【販売計画】
エクシーガ800台/月

 

 

・価格(消費税込み)

2,184,000-2,929,500円

 

 

 

トップページへ

 
■ 広告

 

    221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム     

 

 


 

copyright ©2008-2013スバル エクシーガを買う! All Rights Reserved